在宅医療のご案内

訪問診療と往診はこのような方のために

  • 当クリニック外来に通院中の患者さん
  • 当クリニックから退院される患者さん
  • これまで入院していた病院から当クリニックに在宅医療を依頼された患者さん
  • かかりつけ医師から当クリニックにご紹介いただいた患者さん
  • 時々入院治療を必要とするけれどもできるだけ在宅医療を希望する患者さん
  • その他、在宅医療を希望する患者さん

24時間対応します

当クリニックでは単独での機能強化型在宅療養診療所として 24時間、365日連絡体制、緊急時訪問医療体制訪問看護、介護支援専門員との連絡体制、後方病院との連絡体制を整えて届出を行ったうえで訪問診療・往診を行っております。在宅療養が難しくなったときには原則として主治医が代わることなく当入院治療に切り替えることができます。地域の介護施設に入居・入所されている患者さんでの訪問診療も行っています。


 ※在宅緩和ケアと外来診療を行い、なおかつ緩和病床を持つ診療所は仙台では他になかったこともあり、2006年4月の開院以来、東北大学病院や仙台厚生病院の他に、東北労災病院、仙台医療センター、仙台オープン病院、東北公済病院、JCHO仙台病院、仙台市立病院、宮城県立がんセンター、東北医科薬科大学病院、仙台徳州会病院など多くの基幹病院からご紹介いただいております。参考データ>> 医療機関の皆さまへ(紹介がん患者数の内訳(2006年4月~2012年3月) )

訪問看護

当クリニックの訪問看護ステーション(泉中央南おひさま訪問看護ステーション)より訪問させていただくか、患者さんのご住所に応じた訪問看護ステーションと連携し、担当するステーションから訪問看護師がうかがう体制をとっております。訪問看護師は主治医と連絡を取りながら病状の把握、点滴注射、看病するご家庭への指導など、入院と同じように安心して療養できるよう看護業務を通して支援します。

服薬指導と服薬支援

調剤薬局の薬剤師が主治医と相談のうえで在宅医療を行っている患者さんのご自宅にお伺いして薬の説明や飲み方の指導を行います。

たんぽぽ往診車
たんぽぽ往診車