入院のご案内

当クリニックはホスピス機能を持つ病棟で緩和ケア(身体的・精神的・社会的な援助)を提供します。
がん専門病院での治療が終了した後も引き続き入院治療が必要な患者さん、ご自宅から当クリニック外来に通院している、あるいは当クリニックから訪問診療を行っている間に病状が変わり入院治療が必要になった患者さんにご利用いただいております。
症状緩和に必要な医療を積極的に取りいれるとともに、一日一日を近親の方々と共に穏やかに過ごせるような環境を整えます。
以下、治癒を目指すための医療とは異なる当院での医療と看護の考え方についてご説明します。

ご家族ならではの役割

スタッフはご家族の代わりを演じることはできません。患者さんが身体的・精神的に厳しい状態の時こそスタッフだけではなく付き添ってくださるご家族の役割が大切になります。そのためにご家族はいつでも病院に泊り込むことができます。ご家族の入浴や、洗濯も病棟内で可能です。むしろ家庭の温もりを持ち込んでいただくためにお勧めしています。患者さんの寂しいという気持ちに対しては、ご家族の支えが何より大切です。
全病床の半分を個室としてプライバシーを尊重していますが、一人で入院される患者さんにはかえって目が行き届かなくなってしまうというマイナス面も持っています。また、特に夜間は数少ないスタッフがお世話することになりますので、ナースコールに対しても長くお待たせしてしまうなど、様々なご迷惑をおかけする場合もありますことをあらかじめご了承下さい。

当院での看取りについて

患者さんが亡くなるときの、ご家族とのお別れの時間は大切です。医療関係者が周りを取り囲むより、長い間一緒に過ごされたご家族、あるいはたくさんのかけがえのない時間を患者さんと共に共通された方々が親しく声をかけられるほうが、どれほど望ましいでしょうか。心電図モニターはこのような場合には邪魔になるだけのことが多く、あえてつけないようにしております。同じような配慮から、心臓マッサージや人工呼吸などの延命処置は、原則として行いませんので、予めご理解くださるようお願い申し上げます。
患者さんの終末期を、最も支援できるのは看護スタッフや医師ではなく、慣れ親しんだご家族です。いよいよという時期に集中的に付き添う、という形でも構いませんが、共に過ごされる時間をなるべく多くとっていただきたい、というのが私たちの願いです。

入院の手続き

入院の際は、受付窓口にて手続きをお取りになり、次の必要書類をお出しください。
1.保険証
(被保険証・後期高齢者医療保険者証・高齢受給者証・その他公費の医療券) 限度額的容認定証をお持ちの方は必ず事前にご提出ください。提出がない場合は、自費扱いになることもあります。 なお、保険証が変更になった場合もすみやかにお申し出ください。
2.入院申込書兼誓約書
必要事項をご記入のうえ、受付窓口にお出しください。

個室
お持ちいただくもの

パジャマ・下着・タオル7~8枚・バスタオル6~7枚・タオルケット・洗面用具(歯ブラシ・石鹸・シャンプー等)・ティッシュ・箸・スプーン・湯のみ茶碗 等
イヤホン(2床室・3床室ご利用の方)
※現在服用中の薬は、必ずお持ちください。
※当院では病衣(パジャマ等)の貸し出しはありません。

入院費について

1.入院費
入院基本料は、有床診療所入院基本料1 の算定をしております。食事療養費は、入院時食事療養Ⅱ の算定をしております。
2.別途費用がかかるもの

  • 個室(203・205・207・211・212・213・215号室)11,000円/日(税別)
  • 特別個室(201・202号室) 25,000円/日(税別)
  • 家族室使用料 2,000円/人/日(税別)
  • ご家族用貸リネン代 500円/組/日(税別)
  • 家族入浴 500円/人(税別)
特別個室A(洋室)(16号室)